スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

矢吹丈の両親は?

ずっと孤独のジョーに両親はいるのでしょうか。

東京家庭裁判所の場面ではっきりと書かれています。「物心ついたときにはすでに両親ともゆくえ不明」

さらに、ドヤ街に流れ着いた経緯についても「保護された養護施設にはいっこうにおちつこうとせず」「脱走につぐ脱走をかさね」「はてはドヤ街にながれこみ」と書かれています。
スポンサーサイト

あしたのジョーの舞台は?泪橋は?玉姫公園は?

「東京のかたすみ」ということは冒頭に書かれていますが、その舞台はどこでしょうか。


ストーリーでは明記されていませんが、荒川区と台東区にまたがる山谷地域です。この辺りは簡易宿泊所(ドヤ街)が多い地域で、日雇い労働者が多いこともストーリーと共通しています。

泪橋(風来橋)も江戸時代には実際にあったそうです。今は泪橋交差点という地名でのみ残っています。日暮里駅の東、南千住駅の南の交差点です。

玉姫公園も、泪橋の近く、玉姫稲荷神社にあります。昔はどうか知りませんが、漫画のような広さはありません。

また、船が通る大きな川も出てくるのですが、これは隅田川だと思われます。ジョーがパチンコをしたり、叩売りをする場面も出てきますが、その場所は浅草だと思われます。

矢吹丈の年齢は?

物語の開始時点での年齢は15歳です。

ジョーが寄付金詐欺で捕まった時(1巻125ページ)に明記されています。

あしたのジョーに関する疑問を募集します

「あしたのジョー」に関する疑問を募集しています。マニアックな内容もOKです。以下の内容を明記の上、どしどしコメントにお書きください。

1.ハンドル名

2.該当する場面
  ホーム社発行、集英社販売の「ちばてつや全集 あしたのジョー」があれば、該当の巻とページも

3.ですます体の文章
  できるだけ、コメントの文章のままで掲載したいため
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。