スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

力石の家族は

力石に家族はいたのでしょうか。

漫画の台詞の中には、そのような記述が見当たりませんでしたが、ヒントとなる場面はありました。

 ・力石の葬儀の際に、白木家が喪主を務めたこと(7巻112ページ)

例え勘当した息子であっても、葬儀の喪主くらいは務めたはずです。やはり、両親と死別、もしくは行方不明なのではないでしょうか。

また、白木家にとって力石は養子のような存在だったと考えることもできます。
 ・力石が白木家と同じテーブルで食事をしていたこと
 ・白木家の使用人に力石が命令していたこと
しかし、名字で呼び合っていたことからも、養子のような存在であって、養子ではないように思います。

力石徹と白木家は、矢吹丈と丹下段平の関係に似ているかも知れませんね。

コメント

jyuiさんへ

「あしたのジョー」に出てくる人物には、なぞが多いですよね。

特に人気のある力石には、思い入れやイメージなども絡み、人それぞれの推測が存在すると思います。私はこのように考えますが、他の方は、どうなのでしょうか。

アンさん。お答えいただきありがとうございます。
いつも考察が深いですね。読んでいて面白いです。
力石はみなしごなのかもしれないですね。
それは、漫画ではないんですけどTVの力石徹のテーマの中の歌詞にみなしごという言葉が出てきたように記憶していてそんなイメージがあります。孤児院から、白木家が引き取ったのかもしれないですね。また、訪問させていただきます。

アニメでは、力石徹のテーマなんてあったんですね。アニメの方は全然知らないので、情報が偏っていましたが、みなしごだったんですね。

とは言え、白木家が孤児院から力石を引き取っていたら、白木家の力で、力石が少年院送りになることはなさそうですし、コミッショナーから無期限出場停止をくらうこともないように思います。やはり力石の暴力事件を知った白木幹之介が手を差しのべたと考えるべきではないでしょうか。

力石

丈が少年院に入ってから、白木葉子が丈の先回りで、
力石を自分の事務所に所属させた⇒力石は、だから
お嬢さんには頭が上がらないんだ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。