スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金竜飛のマネージャーは無能?

大量の血を見ると、発作が発生するという東洋チャンピオンの金竜飛ですが、いったい、どの程度が大量なのでしょうか。

話の中で発症したのは2度あります。

(1)1度目は、矢吹と対戦する前の計量で、矢吹に殴られて出た段平の血で発症しました。(12巻185ページ)
(2)2度目は、矢吹とのタイトルマッチです。(13巻106ページ)

2度目のは、ドクターチェックが入ってもおかしくない出血量ですが、1度目の段平の出血量は、それほどでもないように思います。

比較のために、他の対戦を確認してみます。

(3)まずは、スパーリングのシーンです。(12巻58ページ)これは結構な出血量です。
(4)次は、剣持との試合です。(12巻77ページ)これは鼻血程度です。

これらでは、発作を起こすどころか、冷静に観察しています。つまり、(3)と(1)の間に、発症するかしないかの境目があるということです。実に微妙ですね。

こんな微妙な出血量で発作を発症させてしまうような危ない勝ち方を、マネージャーの玄曹達はさせてきたのですね。ボディーブローを増やして、ストレートを減らすなど、戦い方に工夫はできなかったのでしょうか。

コメント

玄マネージャー

無能というかバカでしょう。「金相手には逆転のファインプレーも起こり得ない」ですって。血を見て発狂するなんて、最大の爆弾抱えてるじゃないですかww

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。