スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界タイトルマッチの観客

矢吹の世界タイトルマッチには、過去の知人・関係者も多く観戦に来ているのですが、ここでも疑問が2つあります。

なぜ、西は応援に来なかったのでしょうか。
いくら仕事が忙しかったとしても、丈の世界タイトルマッチは見たかったはずです。考えられることは、紀子が「見たくない」と言い張ったため、「なら、わいもやめとくわ。」と諦めたことくらいでしょうか。西も結婚してからは、丈と疎遠になっていますからね。

もう1つの疑問は、青山の座席です。
少年院で丈と同室だったガイコツら3人は一緒に座っています(16巻42ページ)が、青山は別の所(ページ43)に座っています。確認のために3人の反対側(79ページ)を見ても、別の人が座っています。しかし、最終ラウンドになると、突如として少年院の3人の隣に座っているのです。(275ページ)
存在感の薄い青山なだけに、作者も座席を書き間違えてしまったのでしょうか。それとも、隣にいたおじさんが、矢吹の勝ちはないと思って帰ってしまったのでしょうか。

コメント

西はセコンドについてませんでしたっけ?

ホセ戦の時の青山の席なんですが、少年院仲間の右側から三人目の角刈りの隣席に青山がいるんですが、新聞かパンフレットかなんかで青山が見えなくなっているんだと思います。
次のコマの青山の右隣の衣装の模様と、上記の角刈り男の衣装の模様が一緒になっています。
おじさんたちの線の太さ大きさからいって後ろの席の人たちだと思いますよ。もうひとつ言うと、3人の左隣の青山を挟んで更に左の男も少年院仲間だと思います。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。