スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハワイでジョーがハイテンションだった訳

ハワイ遠征(原作)でのジョーはやけにハイでしたが、これはパンチドランカーの症状によるものなのでしょうか。それか、初ハワイで舞い上がっていたのでしょうか。
(KUWAさんにいただいた質問です)


丈がハワイでハイだったのは、パンチドランカーの症状でも舞い上がっていたのでもないと思います。

カーロスとの対戦の前にチビ連と遊園地で遊んでいたことがありましたが、命にかかわるほどの強敵を意識した時、丈は心の中の怯えを隠すようにはしゃぐことがあります。もちろん、この時の怯えは、ハワイにいたホセに対してです。

はしゃぐのとは逆に、口数が減ることもあります。力石やホセとの世界戦の前がそうです。これは、どんな練習も無意味に思えて、ふさぎこんでしまったのだと思います。

この心の不安定さが、丈の人間くささであり、魅力でもあると思います。

コメント

ジョーの束の間の幸せかな

確かにハワイでハイテンションでしたね。でもパンチドランカーとは関係ないですよ。あの重苦しくて地獄のような金龍飛編だったのでその直後は 少しは明るく緩んだものがないといたたまれませんし。ちなみにこのハワイ編に関してもジョー2での描写で本当によかったと思います。美しい映像、音楽、演出がフルに発揮されてますからね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。