スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青山は何の罪で特等少年院に送られたのか

少年院の中でも、特に罪の重い人が送られてくる特等少年院ですが、青山が送られた理由は何だったのでしょうか。

本文には明記された内容が見当たりません。そこで、矢吹丈を参考に考えてみます。

東京家庭裁判所の場面で、判決文が読み上げられます(1巻の238ページ)。そこで、特等少年院送致の理由として「世間の善意の寄付金を詐取した」「警察官への暴力」「鑑別所内での乱闘事件」「良心も反省の色もみることができない」が挙げられました。要するに、特等少年院送致の判断は、シャバでの犯罪の重さだけでないということです。

次に、青山の性格について考えます。

見た目気弱で真面目ですが、矢吹-力石戦後のボクシングの練習試合で、真っ先にリングに上がり、体の大きな荒井と対戦(3巻44ページ)したように、意外と勇敢です。そして、段平のコーチを受けていないこの段階で、荒井を倒してしまいます。意外と喧嘩なれしているかも知れません。矢吹対青山戦の直前には、矢吹の挑発を無視するどころか、言い返したりもします(3巻256ページ)。意外と気も強いように思います。

これらのことから推測すると、発端はともかく、喧嘩に巻き込まれて鑑別所送りになったのではないでしょうか。そして、鑑別所でも、一悶着(ひともんちゃく)を起こしたのではないでしょうか。

性格的に受身なのに、争いから逃げようとしないことから、私はこのように推測します。

皆さんは、いかがですか。

プロテストの試験会場に可笑しなシャツが

矢吹丈が受けに行ったプロ・ライセンス取得テストの会場には、可笑しなシャツを着た人がたくさんいます。(5巻56ページ)

1人目「卍のシャツ」
   これは地図記号の寺院です。
2人目「十字架のシャツ」
   上の人とは思想が違いそうです。
3人目「太陽のマーク(工場の記号の中を塗りつぶす)」
   地図記号や企業のロゴで見たことがあるような…。
   どなたかご存知ですか。
4人目「灯台の記号のシャツ」
   工場の○の中に点があるのが、灯台の地図記号です。
5人目「ギターのシャツ」
   はっきり分かりませんが、弦楽器の何かだと思います。
6人目「牛のシャツ」
   シカゴ・ブルズのファンでしょうか。
7人目「車両進入禁止のシャツ」(78ページ)
   色の濃淡は逆ですが。
8人目「クローバーのシャツ」(93ページ)
   かなりの間抜け面をしています。
他「V」「KO」など

スラムダンクの小暮(メガネ君)も変なシャツで有名でしたが、この会場には無数の人が着ているためか、目立っていません。

豚に眉毛が…

豚に眉毛が… (2巻47ページ)
悪魔のような形相です。(51ページ)

東光特等少年院の場所は?

東光特等少年院の場所はどこでしょうか。

少年院に「特等」自体がない(「特別」と間違えた可能性は有)こと、同名の施設が見つからないことから、「東光特等少年院」は実在しないものと思われます。ただ、どのような場所を想定していたのかを推測してみました。


まず、東京家庭裁判所(1巻225ページ)を出て、東京タワーを背後に護送車が走っているカットがあります(1巻244ページ)。このことから東京家庭裁判所から南へ向かって走っていることが分かります。

次に、西が護送車の中から東光特等少年院を見つける場面があります(252ページ)。この時、道の右側に海が見えます。しかも、海からかなり高い位置に道があります。この道はかなり曲がりくねっています。しかも、夜です。

東光特等少年院に入って簡単な手続き(265ページ)を済ませた時には、既に皆が寝ていたことからも、夜は夜でも9時以降だったと思われます。

寮の中でも潮騒が聞こえていた(280ページ)ことからも、海が近かったことに間違いはありません。

これらのことから考えると、東光特等少年院は伊豆にあるのではないでしょうか。千葉では東京タワーを南に走るのはおかしいですし、三浦半島では近すぎます。それに、野外農場作業へ向かう時、山道(2巻の14ページ、20ページ)を走っていたことからも、伊豆が最も適当な場所のように思われます。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。